2008年 12月 13日 ( 1 )

安倍川もちの話

e0157328_20564297.jpg

なんか気になるパッケージだったので買ってみた。
裏面に書いてあった「安倍川もちの由来」(以下引用)
つきたてのお餅を手でちぎり、きな粉に転がして砂糖をつけたのが
本格的な安倍川もちで、昔、安倍郡下の山奥の金山で、
きな粉をつけた餅を山の神様に捧げ、
黄金が沢山とれるように祈った風習があり、
のち駿府城の徳川家康公にこの餅を献上したところ、大変喜び、
「安倍川もち」と名称を賜ったといわれています。

って、名付け親は家康だったのか・・・。すごいな。本当だとしたら。
書いてたら安倍川もち食べたくなった。
登呂遺跡のそばにある茶屋で食べたの美味しかったなー。
登呂遺跡は改修工事中だけど、茶屋はやってるのだろうか。

関係ないけど、このブログを始めるとき、IDを「abekawa-mochi」にしようとしたら
「すでに使用されています」といわれた。そのIDの主は静岡県民なのかどうか、気になる。
[PR]
by mezu-mezu | 2008-12-13 21:00